子供の咳にいいOTCはないですか?

カテゴリー




子供の咳に対する咳止めの薬はあまり論文がありません…。

これ7不思議のうちの1つなんですけど(あと6つは今すぐ思い浮かばない)、実際に薬局でいい薬ないですか?と聞かれることが多い薬の代表です。

唯一くらいにデキストロメトルファンがありますが、その他の咳止めはあまりありません。(ってこの話何回もしている気がする。)

論文を探していたところGrintussという商品があるようなので読んでみました。

お題論文

Efficacy of Grintuss® pediatric syrup in treating cough in children: a randomized, multicenter, double blind, placebo-controlled clinical trial

PMID: 24917119

論文のPECO

P : 3〜5歳で咳が持続しているが他の鎮咳薬での治療を受けていない小児

E : レジン、多糖類、サポニン、フラボノイド、Plantago lanceolata、Helichrysum italicum、ハチミツ含むシロップを、そのまま1日4回、5mlずつ

C : プラセボ(クエン酸、サトウキビ、ソルビン酸カリウム(E202)、アセスルファムK、レモンおよびオレンジフレーバー、植物炭およびベータカロテン)

O : 昼夜の咳スコアの変化

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → されている

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 明確

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 咳スコアだけど真のアウトカム?

盲検化されてる?

盲検化されているか? → されている

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → ITT解析されている

結果

vs プラセボ

t4(4日目)では夜間の咳スコアが有意に低下。(P=0.03)

Grintuss t0 vs t4

昼間(p=0.04)

夜間(P=0.003)

有害事象

総数 55例

治療群24例

プラセボ群31例

主な有害事象は発熱、寒気、嘔吐。 重度の有害事象はなし。

すべての有害事象は、Grintussと無関係と評価。

すべての症例において回復した。

まとめ

日本では手に入らない(?)OTCで咳に対する効果を検討している論文があったので読んでみました。

有害事象がプラセボの方が多い!!ですが発熱、寒気などなので普通に風邪症状の悪化じゃないのかな…?

咳のスコア的には2.6くらいから1.8くらいに下がっているがプラセボは3から2.6くらいの効果ということで若干Grintussの方が良さそうにも見えますが実際体感できるほどの効果なのかはやはり微妙かな…。

飲みやすさという面ではハチミツよりは1回5mlと飲みやすいかもしれません。

ただ1日4回はちょっとな…。

って色々考えてても日本で手に入らないんですけどね…。

正直こういうOTCの開発をして欲しいと思ってしまいました。効果実感できるのかわからないけど…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする