小児滲出性中耳炎に経口ステロイドは効果的ですか?

カテゴリー




某薬剤師会会長からの宿題です。

滲出性中耳炎で耳鼻科に通っている方も薬局ではよく見ます。

正直個人的にはこれという薬があるようには思えず、場合によっては外科的な処置をすることが多いように思います。

今回は滲出性中耳炎に対しての経口ステロイドの効果を検討した論文です。

お題論文

Oral steroids for resolution of otitis media with effusion in children (OSTRICH): a double-blinded, placebo-controlled randomised trial

PMID: 30152390

論文のPECO

P : 3ヶ月間以上の滲出性中耳炎に起因する症状が出ている2〜8歳の小児

E : 経口ステロイド(7日間服用、2〜5歳は20mg、6〜8歳は30mg)

C : プラセボ

O : 5週間後の聴力

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → されている

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 明確

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 真のアウトカム

盲検化されてる?

盲検化されているか? → されている

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → ITT解析されていると書かれているがフォローアップできなかった対象者は除外されている(?)ようなので厳密にはITT解析ではないかも。

結果

聴力が認められた

経口ステロイド 73 (40%)

プラセボ 59 (33%)

absolute difference 7% (95% CI −3~17)

NNT 14

OR 1.36 (95% CI 0.88~2.11)、 p=0.16

まとめ

急性中耳炎と比べて滲出性中耳炎は痛みや熱を伴わず、難聴のみの症状ということもあるようです。

よく聞く症例としては急性中耳炎のあとに滲出性中耳炎になることですね。

個人的な実感としてこれが一番多い気がする…。

経口ステロイドに関してもイマイチ効果的とは言い難い…。でもNNTは14と悪くない?

でもORは有意差なしですし…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする