水いぼに有効な治療法はありますか?

カテゴリー




先日の居酒屋抄読会ありがとうございました。

そして私が超グダグダで本当に申し訳ありません…。

夏といえば!

海!

プール!

です。

プールといえば気になるのが子供の水いぼです。

自分が子供の頃も水いぼで通院した記憶がありますが、現在有効な治療法はあるのでしょうか?

お題論文

Interventions for cutaneous molluscum contagiosum.

PMID:28513067

論文のPECO

P : 22の試験に参加したHIVではない1650人

EとCはごちゃごちゃしているので結果にまとめて書きます。

O : 水いぼの治癒

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 明確

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 真のアウトカム

メタ分析の4つのバイアス

評価者バイアス → 2名が独立して行っている

出版バイアス → 不明

元論文バイアス → RCTが集められている。

異質性バイアス → 不明

結果

5%イミキモド vs ビヒクル(プラセボ)

※イミキモドはベセルナクリーム

短期

RR 1.33 (95%CI 0.92~1.93)

中期

RR 0.88 (95%CI 0.67~1.14)

長期

RR 0.97 (95% CI 0.79~1.17)

副作用

RR 0.97 (95%CI 0.88~1.07)

イミキモドで治療した群でより頻回。

冷凍スプレー vs 5%イミキモド

RR 0.60 (95%CI 0.46〜0.78)

冷凍スプレーの方が効果的の可能性。

10%水酸化カリウム vs 5%イミキモド

RR 0.65 (95%CI 0.46〜0.93)

10%水酸化カリウムの方が効果的の可能性。

オリーブオイル vs 10%オーストラリア産レモンマートルオイル

RR 17.88 (95%CI 1.13〜282.72)

オリーブオイルよりレモンマートルオイルの方が効果的の可能性。

0.05%トレチノイン vs 10%ベンゾイルペルオキシドクリーム

RR 2.20 (95%CI 1.01〜4.79)

ベンゾイルペルオキシドクリームの方が効果的の可能性。

日本だとベピオゲルになりますが2.5%と低いので効果は不明。

また、接触皮膚炎などの報告もされているので使用には注意。

5%サリチル酸単独 vs 5%サリチル酸+5%亜硝酸ナトリウム

RR 3.50 (95%CI  1.23〜9.92)

併用の方が効果的の可能性

ヨード+ティーオイル vs ヨードもしくはティーオイル単独

RR 0.07 (95%CI 0.01〜0.50)

ティーオイルとの併用が効果的の可能性

生理食塩水 vs 10%水酸化カリウム

RR 3.50 (95%CI 0.95〜12.90)

カルレアカーボニカ vs プラセボ

RR 5.57 (95%CI 0.93〜33.54)

2.5%水酸化カリウム vs 5%水酸化カリウム

RR 0.35 (95%CI 0.12〜1.01)

10%ポビドンヨード液+50%サリチル酸プラスター vs サリチル酸プラスター単独

RR 1.43 (95%CI 0.95〜2.16)

まとめ

正直ぐちゃぐちゃな印象で非常にわかりにくかったです…。

効果的そうだなと思ったのが冷凍スプレー、10%水酸化カリウム、レモンマートルオイル、5%サリチル酸と亜硝酸ナトリウムの併用、ヨードとティーオイルの併用でしょうか。

ベピオゲルは2.5%でパーセントが違うので除外しました。

ただ、これといった治療法がないということも考えられます。

いろいろいい治療法がないか調べられている途中なんじゃないかな…。

基本的には自然治癒するので何もしないで様子を見るのが一番とはいえ、たくさんできていたり、大きくなってきたりすると結構気になるんですよね…。

大きくなれば痕が残る可能性もありますし…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする