【一息ネタ】楽天カードが改悪?

カテゴリー




すっかり楽天経済圏にどっぷりの私ですが3月に入ってから楽天カードの様子がおかしい…。

今までの還元率

今までは、

通常購入 1%

楽天カード利用 3%

楽天市場アプリ利用 1%

楽天ブックスで1,000円購入 1%

の合計6%が還元されていました。

3月に入ったので楽天ブックス(本は毎月初めに楽天ブックスで購入しています。)で購入したのに5倍の表記にしかなりません…。

よく見てみると、楽天のポイントプログラムであるSPUの様式が変わっている…。

最大11倍だと!?(今までは最大8倍)

2018年3月からの還元率

通常購入 1%

楽天カード利用 2%

楽天市場アプリ利用 1%

楽天ブックスで1,000円購入 1%

楽天カード利用分が減ってる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

楽天モバイル利用は1%から2%にアップしています。

それでも合計5%は高還元ではありますが、これは少し(いや結構)痛い…。

楽天ブランドアベニューや楽天TVのNBA Specialに加入・継続すればそれぞれ1%プラスされますがどちらも利用する予定すらありません…。(ブランド品なんて買えるか!!)

今年後半に携帯キャリアの2年縛りがなくなるので楽天モバイルに移行しようとしていた矢先にこの仕様変更…。

しかも現在、楽天モバイルはキャンペーン中でスーパーホーダイプランSを3年契約すると20,000円のキャッシュバックが受けられます。

でも結局解約違約金の支払いでキャッシュバック分は消えるし…。

そして結局、現在の私の還元率は最大7%止まりだし…。

2017年12発表の内容から予測できた流れ?

楽天は2017年12月14日の適時開示文書にて携帯キャリアへの参入を「2019年中のサービス開始」と「ユーザー獲得数1500万人以上」と発表しています。

同じ適時開示文書中にはその当時の楽天モバイルのユーザー数が記載されていますが、その数は140万人超えとMVNO業界ではトップとしていますが、目標として掲げているユーザー獲得数1500万人は現在の携帯3キャリアの中でユーザー数が最も少ないソフトバンクのユーザー数の半分以下です。(2017年度のソフトバンクのユーザー数は3900万ほど)

楽天モバイルのユーザー数が伸びるような仕様に変更するのは当然と言える…かな??(笑)

楽天はこの事業に6000億投じることを同文書で明記しています。

他社と比べると少ない印象を受けます。

そして楽天はユーザーを増やしたい。

でも恐らく3大キャリアには敵わないと楽天も思っている。

このキャリア参入の報道で楽天の株価は一時下落しました。

さあ、楽天はどういう構想を描いているのでしょうか?

今後はどうする?

愚痴ばかりになりましたが、現在の我が家にとって1%還元率が減ってしまいましたが以前トップの還元率なのは間違いありません。

また、楽天ROOMの活用、楽天銀行のハッピープログラム、楽天証券でのポイントでの投資信託購入、ふるさと納税も合わせると依然としてものすごい効果を発揮してくれています。

はい。何度も言っている通り楽天さんの策略にまんまとはまっているわけです。(笑)

妻と二人で励んでいるおかげでなんとか収入の2割を資産運用に回せていることには変わりないのでなんとか今年後半まで耐えて楽天モバイルに変更→還元率7%にしたいですね。

また、楽天が第4のキャリアとなった時どういった他社との差別化をはかるのでしょうか。

それも楽しみなのであえて楽天モバイルにしようと思っています。

しかし、楽天の携帯キャリア参入でまたポイントプログラムは変わる可能性もあるので楽天経済圏以外の方法も充実させなければいけませんね…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする