ワーファリン服用中のPPIは消化管出血リスクを減らしますか?

カテゴリー




ワーファリンを服用している患者さんに一律にPPIを併用していることもありますが、実際の効果はどれくらいなんでしょうか?

消化管出血は非常に怖いんですがPPIの副作用も気になりますし非常に悩むところです…。

お題論文

Association of Proton Pump Inhibitors With Reduced Risk of Warfarin-Related Serious Upper Gastrointestinal Bleeding.

PMID: 27639805 

論文のPECO

P : ワーファリン治療中の患者

E : PPIあり

C : PPIなし

O : 潜在的に予防可能な上部消化管出血(PPIで予防可能と考えられる食道炎、消化性潰瘍、胃炎など)による入院

※PPIの影響を受けにくい出血は除外

真のアウトカムか?

論文のアウトカムは真のアウトカムか? →  真のアウトカム

調整した交絡因子は?

調整した交絡因子は何か? →  ワルファリン関連出血の危険因子、出血リスク、心血管合併症、アルコール、肝疾患、ワルファリンの治療期間、胃腸疾患、上部消化管、非消化管および他の部位の出血での入院など(?)

結果

PPIの併用により上部消化管出血による入院は24%減少。

HR  0.76 (95% CI  0.63~0.91)

他の胃腸出血による入院

HR  1.07 (95%CI 0.94~1.22)

非消化管出血による入院

HR  0.98 (95%CI 0.84~1.15)

抗血小板薬もしくはNSAIDを併用している患者は45%減少。

HR  0.55 (95%CI 0.39~0.77)

PPI併用療法は、抗血小板薬またはNSAIDを使用していないワルファリン服用患者に対して有意な防御効果はなかったとしています。(HR 0.86 (95%CI 0.70~1.06)

まとめ

抗血小板薬やNSAIDsを併用している場合は、PPIを使用した方が良さそうですが、使用していない場合にPPI併用で24%減るとのことですが、防御効果は微妙みたい…。

全例にPPIを併用する必要はなさそうに思えますが、でもやっぱり消化管出血怖い…。

NSAIDsや抗血小板薬を服用している場合はPPIの投与を考えたいですが、やっぱりこれは怖い…。(個人的感想です。)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする