子供の急性の咳に市販薬は有効ですか?

カテゴリー




今日はOTCの話です。

ところで小児の市販薬ってどれくらい売れてるんでしょう?

私がドラッグストアで働いていた時は大人の風邪薬は売れている印象でしたが小児の風邪薬は全然売れてない印象があるんだよな…。

お題論文

Over-the-counter (OTC) medications for acute cough in children and adults in community settings.

PMID:25420096

論文のPECO

P : 29の試験(成人19、子供10)に参加した4835人(3799人の大人と1036人の子供)

E : 市販薬の咳止め

C : プラセボ

O : 全ての咳のアウトカム

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 明確?と言えるのかな…

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 全ての咳のアウトカムなので真のアウトカム?

メタ分析の4つのバイアス

評価者バイアス → 2名の著者が独立して行っている

出版バイアス → CENTRAL 、MEDLINE、EMBASE 、CINAHL 、LILACS、Web of Science 、UK Department of Health National Research Register

元論文バイアス → RCTが選ばれているがITT解析されているかは不明

異質性バイアス → 不明

結果

成人の部分は混乱しそうなので避けます。

鎮咳剤(3件のデータ)、抗ヒスタミン薬(3件のデータ)、抗ヒスタミン薬とうっ血除去薬併用(2件)、鎮咳薬と気管支拡張薬のの併用(3件のデータ)は、咳の症状を緩和する上でプラセボより有効ではない。

去痰薬を使用した試験は、基準を満たしたものはなし。詳細不明。

粘液溶解薬はプラセボより良さそう。

小児咳シロップは(2件のデータ)プラセボ群の21%の子供と比較して、子供の46%と56%で「満足のいく反応」を示した。

3種類の蜂蜜が3日間にわたってプラセボより有効であることが示された。

抗ヒスタミン剤とデキストロメトルファンは多くの有害事象が見られた。

まとめ

咳シロップの成分なんでしょうね…。

これは後日原著探してみます。

アブストラクトだけなので詳しいことが全くわかりませんが、小児の急性の咳に対する市販薬の効果は限定的と言えるかもしれません。

というか、市販薬じゃなくて処方薬でもデキストロメトルファンの論文くらいしかない印象。

子供がコンコン咳をしているのは気になるし早くなんとかしたい気持ちはわかりますが、ちょっとメリットがわかりにくい印象ですね…。

うちは咳してても基本ほったらかしなんですが…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする