筋トレすると死亡率は下がりますか?

カテゴリー




ランニングに引き続き今回は筋トレ関係です。

お題論文1

Is strength training associated with mortality benefits? A 15year cohort study of US older adults.

PMID:26921660

論文のPECO

P : 国民健康インタビュー調査(NHIS)でガイドラインに一致した65歳以上のアメリカ人

E : 週2回の筋力トレーニング

C : 筋力トレーニングなし

O : 死亡率

真のアウトカムか?

論文のアウトカムは真のアウトカムか? → 真のアウトカム

調整した交絡因子は?

調整した交絡因子は何か? → 人口統計、過去の病歴、および他の健康行動(他の身体活動を含む)?

結果

調整後オッズ比 0.64 (95%CI 0.57〜0.70、p<0.001)

お題論文2

Strength Training and All‐Cause, Cardiovascular Disease, and Cancer Mortality in Older Women: A Cohort Study

PMID: 29089346

論文のPECO

P : 39,776人の健康な女性

※心血管疾患、癌、糖尿病と診断された場合は除外

E : 筋力トレーニングを含む身体活動あり

C : 筋力トレーニングを含む身体活動なし

O : 全死亡、心血管死、癌

真のアウトカムか?

論文のアウトカムは真のアウトカムか? → 真のアウトカム

調整した交絡因子は?

調整した交絡因子は何か? → 年齢、人種、教育、閉経後の状態、ホルモン使用、喫煙状況、心筋梗塞、癌の親の病歴、アルコール摂取、エネルギー摂取、飽和脂肪摂取、繊維摂取、果物、野菜摂取、身体検査、 高血圧、高コレステロール、心血管イベント、糖尿病、癌の発生、BMI

結果

筋力トレーニングが1〜149分/週の女性では、筋力トレーニングをしない人と比較して死亡率が19〜29%低下。

しかし、≧150分/週のトレーニングをしていた女性は有意差なし(HR 1.10 (0.77-1.56))。

有酸素運動MVPA、全身体活動を実施する女性は、いずれも有意に死亡率が低かった。

筋力トレーニングと全死因死亡との間にJ字型非線形関連を示していて、筋力トレーニングの≧146分/ 週でHR> 1.00が見られ、 筋力トレーニングの82分/週で最も低いHR(0.87)を示した。

参考:筋力トレーニング

身体活動時間 0min/weekと比較

1〜19min/week

HR 0.73 (0.65~0.82)

20〜59min/week

HR 0.71 (0.62~0.82)

60〜149min/week

HR 0.81 (0.67~0.97)

150min/week以上

HR 1.10 (0.77~1.56)

まとめ

ランニングに続き筋トレの論文も読んでみましたが死亡率は下げる傾向にありそうという結果。

週150分以上ということは毎日やったとして20分ちょっと。

一般的によく耳にするのは筋トレは毎日やらずに休み休みやるというやり方なので週4日筋トレしたとして37分くらい。

私は筋トレあまりしないのでわからないのですが1日40分くらいを週4回って少ないですか?多いですか?

あ、私男だからなぁ…。

女性が週4回40分以上の筋トレって結構長いイメージなんですけど実際どうなんでしょう??

とりあえず、少しでも継続して筋トレすることは死亡率などにいい影響を与えるかもしれませんね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする