子供の季節性アレルギー性鼻炎に一番いい抗ヒスタミン薬はどれですか?

カテゴリー




うちの子供もどうやら花粉症のようで見ているこっちが辛くなります…。

この前鼻かみすぎて鼻が真っ赤になってました…。

小児の花粉症といえば、抗ヒスタミン薬や点鼻ステロイドの処方もされるでしょうが、その中で抗ヒスタミン薬はどれくらいの効果があり数ある抗ヒスタミン薬の中でどれが一番いいのでしょうか?

今回読んだのはセチリジンとロラタジンだけでアブストラクトのみですが読んでみました。

お題論文

Randomized, placebo-controlled study of cetirizine and loratadine in children with seasonal allergic rhinitis.

PMID:28441993

論文のPECO

P : 6〜11歳の季節性アレルギー性鼻炎患者

E1 : セチリジン10mgを1日1回

E2 : ロラタジン10mgを1日1回

C : プラセボ

O : 14週後のtotal symptom severity complex (TSSC)スコアのベースラインからの平均変化量

※TSSCスコアというのがどういうスコアなのか調べたけどよくわかりません…。誰か教えて下さい。優しく。

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → タイトルにrandomizedとあり

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → アブストラクトしか読めませんがTSSCスコアの変化量であれば明確

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → TSSCスコアがどういったスコアなのかわからないので保留

盲検化されてる?

盲検化されているか? → double-blindと記載あり

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → アブストラクトからでは不明

結果

春の木や草花の花粉期に行われています。

セチリジン vs プラセボ

平均変化量 -2.1 vs -1.6、p=0.006

セチリジン vs ロラタジン

平均変化量  -2.1 vs -1.8、p = 0.124

ロラタジン vs プラセボ

平均変化量 -1.8 vs -1.6、p = 0.230

まとめ

一応セチリジンはプラセボに対して有意にスコアを下げたという結果になっていますが、実際どうなんでしょう…。

TSSCスコアの詳細がわからないのでなんとも言えませんが、平均でベースラインから2下げるか1.6下げるかって実感できるほどの効果なのかよくわかりません。

また、セチリジンは確かにプラセボと比べて有意差ありますが、セチリジンとロラタジン比べると有意差なし。ロラタジンはプラセボと有意差なし。

なんか…。効果がないとは言えないけど結局どれも同じくらいなんじゃなかろうか…。

一方で前のブログでも触れた生理食塩水による1日3回の鼻洗浄も小児の季節性アレルギー性鼻炎に対して有効かもしれないという報告もあり(PMID:12675761)アブストラクトしか読めないものの抗ヒスタミン薬の服用量を減らしたという内容も書かれている。

他の抗ヒスタミン薬の比較試験も調べてみようと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする