咳止めでいい薬はありませんか?

カテゴリー




またまた久しぶりの更新となってしまいました。

マイペースに更新がモットーなので更新するときは毎日するし、しないときは全くしないというマイペースと言えば聞こえがいいただの横着者です…。

インフルエンザウイルスが猛威を振るっている時期ですが、通年で多い質問は「いい咳止めってないですか?」という質問です。

もちろん今の時期も咳が…という方は多いですね。

また、つい最近著名な音楽家の方のツイートで再度注目されたフラベリックという咳止め薬による聴覚障害のこともあるのでこれを機に少し自分なりに代表的な咳止めの急性期の症状に対する効果についてまとめてみようと思います。

アスベリン(チペピジン)

添付文書上に「53施設、1,777例について臨床試験が実施され、感冒、上気道炎、急・慢性気管支炎、肺炎、肺結核及び気管支拡張症に伴う咳・痰の症状に対し改善効果が認められている。」と記載がありますが、詳細不明…。
「tipepidine cough ncbi」で検索するもヒットするのはADHD関連ばかりで咳に対してはヒットしませんでした。

メジコン(デキストロメトルファン)

これはよく論文がヒットします。

Antitussive efficacy of dextromethorphan in cough associated with acute upper respiratory tract infection.

PMID:11045895

平均年齢22.9歳(18〜46歳)の男女43名を対象にした試験

デキストロメトルファン30mg vs プラセボ

咳の頻度など有意にデキストロメトルファン群で減少したものの全体としてはプラセボとの有意差なし。(アブストラクトのみ)

Effect of dextromethorphan, diphenhydramine, and placebo on nocturnal cough and sleep quality for coughing children and their parents.

PMID:15231978

上気道感染症の小児100人を対象にした試験。

デキストロメトルファン、ジフェンヒドラミン、プラセボの比較でプラセボとの間で夜間咳の頻度、重症度、両親の睡眠の質などに有意差は見られていない。

ん〜。他の文献もありますがとりあえず2つだけ取り上げました。
いまいちパッとしない結果ですね…。

アストミン(ジメモルファン)

The nonnarcotic antitussive drug dimemorfan: a review.

PMID:9152562

3つの主要な比較臨床試験および市販後調査で、デキストロメトルファン、ベンプロペリン、プラセボと比べて、咳のコントロールに関して同等またはわずかに有効であることが示された。としています。(アブストラクトのみ)

ちゃんとヒットしたのはこれのみ。(私が検索した限りではですが…)

いまいちパッとしなかったデキストロメトルファンと同等ですか。そうですか。

フラベリック(ベンプロペリン)

「benproperine cough ncbi」で検索しても動物実験の論文が中心で臨床試験はヒットしません…。

フスタゾール(クロペラスチン)

Pharmacological and clinical overview of cloperastine in treatment of cough

PMCID: PMC3061847

風邪のあとも続く慢性咳嗽に使用した臨床試験の結果がまとめられている。

各文献の詳細は不明で今回は急性の場合を調べていたのでほぼ読んでないです…。

An observational study on cough in children: epidemiology, impact on quality of sleep and treatment outcome

PMCID: PMC3274450

小児の上気道感染患者を対象にした日本では使用できないレボドプロパジンとクロペラスチンおよびコデインの観察研究。(中枢性鎮咳薬としてクロペラスチンとコデインがまとめて比較されている?)

レボドプロパジンと中枢性鎮咳薬(クロペラスチン、コデイン)は咳の強さと頻度を減少させたが、咳の解消率はレボドプロパジンの方が高かった。

(47% vs 28%、p=0.0012)

う〜ん…。よくわかりません…。

まとめ

ざっくりと調べただけですが、う〜ん…。

どれも似たり寄ったりな気がする…。

もちろん、臨床試験がされていないから効果がない。とか有意差がないから効果がない。とは思いませんが「これをオススメします!」という決定打が…。

先日のツイートのように音楽をはじめ音に携わっている方にわざわざフラベリックを出さなくてもいいんじゃないかな〜という考えになります。

それも現時点ではですが…。

ただ、しっかりと音が変わるかもしれないですよ!と伝えた薬剤師さんはさすがですね。

皆さんもこういう薬剤師さんを探して薬をもらってはどうでしょうか??

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする