子供の便秘に食物繊維は効果的ですか?

カテゴリー




子供の便秘シリーズ第2段は食物繊維です。

プロバイオティクスの効果は個人的にはすっきりしない結果と思いましたが食物繊維はどうでしょうか?

お題論文1

Dietary fiber mixture in pediatric patients with controlled chronic constipation.

PMID:24157445

論文のPECO

P : 4〜12歳の少量の便軟化剤でコントロールされている慢性便秘患児(54名)

E : 食物繊維

C : マルトデキストリン

O : 治療不全(経口便軟化剤の使用もしくは浣腸の使用)

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → されている

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 明確

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → ここでは真のアウトカムとしました。

盲検化されてる?

盲検化されているか? → されている

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → アブストラクトからはITT解析されたか確認できない。

結果

一次アウトカム

治療不全

食物繊維群 34.6%(9/26)

プラセボ群 35.7%(10/28)

P=0.933

二次アウトカム

排便の平均増加

食物繊維群 0.53

プラセボ群 0.23

P=0.014

結腸通過時間は両群同等

まとめ

浣腸などを追加で使用した場合を治療不全として検討されていますがプラセボと比べて有意差なしという結果。

しかし、排便回数の増加は有意に食物繊維群が増えています。

0.53という数字が実感できる数字かは置いておいて…。

お題論文2

A dietary fiber mixture versus lactulose in the treatment of childhood constipation: a double-blind randomized controlled trial.

PMID:18979582

論文のPECO

P : 小児(参加者の詳細不明)

E : ヨーグルト飲料に食物繊維を混ぜる(65名)

C : ヨーグルト飲料にラクツロースを混ぜる(70名)

O : 排便回数(?)

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → されている

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 排便回数であれば明確(その他のアウトカムも検討されている)

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 真のアウトカム

盲検化されてる?

盲検化されているか? → されている

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → アブストラクトからではITT解析などされたか不明。参加者135名中38名が脱落。追跡率72%ほどとあまり良くない。

結果

排便頻度 P=0.481

便失禁頻度 P=0.084

便の粘稠度 P=0.01 ラクツロース群でより柔らかかった。

腹痛スコア P=0.395

鼓腸スコア P=0.739

まとめ

こちらはラクツロースとの比較。

有意差があったかなかったかしかわからないですが同等なのかな…?

脱落者が少し多めなのも気になります。

お題論文3

A randomized, prospective, comparison study of a mixture of acacia fiber, psyllium fiber, and fructose vs polyethylene glycol 3350 with electrolytes for the treatment of chronic functional constipation in childhood.

PMID:22677568

論文のPECO

P : ローマIII基準に従って慢性機能性便秘と診断された平均年齢6.5±2.7歳の小児

E : アカシア繊維、サイリウム繊維、フルクトース(16.8g/日)(50名)

C : ポリエチレングリコール3350+電解質(0.5g/kg/日)(50名)

O : 排便頻度、便の一貫性、便失禁、および関連する他の胃腸症状の改善

ランダム化されている?

ランダム化されているか? → されている

一次アウトカムは明確?

一次アウトカムは明確か? → 検討されているのが4つ。compositeの記載もない。明確か微妙…

真のアウトカム?

真のアウトカムか? → 真のアウトカム

盲検化されてる?

盲検化されているか? → されていない。PROBE法?

ランダム化は保持された?

ランダム化は最終解析まで保持されたか? → 記載なく不明

結果

コンプライアンス

E群で72%

C群で96%

便秘の改善

E群 77.8%

C群 83%

P=0.778

まとめ

一次アウトカムが明確か微妙かなと思いましたが有意差はなしという結果です。

小児の便秘の治療ってどの薬も効果に差がないように感じますね…。

その子その子に合う薬を見つければそれでいいのかな…。

総まとめ

ラクツロースやポリエチレングリコールと差がなくプラセボより排便回数が増えそうな結果ではありますが、各論文の妥当性は不明です。

一番上の論文で2次アウトカムではありますが、プラセボで0.23増加、食物繊維で0.53増加というのを考えると多少の効果は期待できるかもしれませんが実感できるほどなのかわかりません。

子供の便秘で悩んでいる親御さんは結構いる印象ですが、う〜ん…。

食物繊維が豊富な食べ物を増やすという方法はいいかもしれませんが、躍起になって子供も泣きながら食物繊維を摂っても効果は限定的な印象が残ります…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする