大豆製品をたくさん摂ると肝細胞ガンのリスクが上がりますか?

カテゴリー




少し話が脱線してきてしまいましたが、エクオールシリーズ最後にエクオール関係で少し気になる論文を読んでみます。

この論文ではダイゼインとゲニステインと大豆食品と肝細胞ガンの関係性が検討されています。

ダイゼインとゲニステインというのはイソフラボンの一種。

ゲニステインの方は見つけられませんでしたが、ダイゼインの方はエクオールを生産できる方だと代謝されてエクオールになるそうです。

生産できない方だとダイゼインのまま吸収されるそうです。

なのでエクオールに今回の論文の結果が当てはまるわけではありません。

お題論文

Isoflavone consumption and subsequent risk of hepatocellular carcinoma in a population-based prospective cohort of Japanese men and women.

PMID:19089922

論文のPECO

P : 40〜69歳の日本人の男女

E : イソフラボンおよび大豆製品の摂取

O : 肝細胞ガンの発症

※各群の大豆食品などの摂取量

男性

 
大豆食品 (g/day)21.7±10.249.5±14.481.9±18.8
ゲニステイン (mg/day)6.0±2.713.8±3.524.2±6.3
ダイゼイン (mg/day)3.6±1.68.2±2.114.5±3.8

女性

 
大豆食品 (g/day)23.1±11.149.7±15.576.1±17.3
ゲニステイン (mg/day)6.4±2.913.9±3.823.2±6.3
ダイゼイン (mg/day)3.8±1.78.4±2.313.9±3.8

真のアウトカム?

論文のアウトカムは真のアウトカムか? → 真のアウトカム

調整した交絡因子は?

調整した交絡因子は何か? → 年齢、地域、喫煙、アルコール、コーヒー、野菜の摂取、HCVまたはHBVの感染状況、女性では更年期の状態

結果

平均追跡期間11.8年。

19,998名の参加者のうち、男性69名、女性32名が新たに肝細胞ガンと診断された。

男性

 
ゲニステイン10.78 (0.41~1.49)1.13 (0.60~2.11)
ダイゼイン10.81 (0.43~1.54)1.09 (0.58~2.05)
大豆食品10.77 (0.40~1.47)1.10 (0.59~2.03)

女性

 
ゲニステイン12.36 (0.85~6.51)3.19 (1.13~9.00)
ダイゼイン13.10 (1.07~8.99)3.90(1.30~11.69)
大豆食品11.68 (0.65~4.35)1.74 (0.67~4.52)

まとめ

2009年発表の論文で平均追跡期間11.9年と長期間追跡した論文です。

男性の方は有意差なしという結果です。

また、大豆食品の摂取量が少なくても多くても有意差なしという結果なので肝細胞ガンとの関連性は示唆されていません。

しかし、女性の方はゲニステインが高い場合とダイゼインが中もしくは高い場合有意差あり。

つまり女性では肝細胞ガンが若干ではありますが増える可能性が示唆されていることになります。

信頼区間がかなり広いですね。

また、B型、C型肝炎ウイルス感染との関係性も検討されていますが、これらの感染とは無関係と言えそうな結果が出ています。

なので、特に肝炎ウイルス感染がある女性では摂取を控えた方がよさそうです。

ただでさえ肝炎ウイルス感染は肝臓ガンリスクなのでさらにリスクが増えることはしない方がよいと考えられます。

もちろんこの論文報告だけですぐ関連性ありとするのは無理があるかと思いますし、ゲニステインやダイゼインの摂取を控えるよりも肝炎ウイルスへの感染を予防する方が大事だと思います。

しかし、アウトカムの重大性から考えると手放しで勧められるものではない印象になります。

乳ガンは減らすかもしれないけど肝細胞ガンは増やすかもしれない。(かもしれないにすぎませんが…。)

「エクオールとゲニステインやダイゼインは違う成分だから同じ結果にはならない。」という反論はもっともだと思います。

また、Plasma isoflavones and risk of primary liver cancer in Japanese women and men with hepatitis virus infection: a nested case-control study.(PMID:25542831)では血清イソフラボンと肝炎ウイルス感染と原発性肝癌の関連性は否定的な結果にもなっています。

もちろん10年という長い期間摂取しなければそのリスクは小さい可能性もありますし、なんとも言えませんが、個人的には明確にエクオールのあたりとの関連性がわかっていないのであれば積極的には勧めにくいな…。という印象になります。

あ、タイトルにある大豆食品と肝細胞ガンの関連性は否定的なので食べて大丈夫だと思います。

納豆とかおいしいですよね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする